2006年10月14日

ナンピンに対する再考

10月11日(水)の新興全面安の状況の中で、ろくにロスカットできる
精神力もないままナンピンを繰り返して、含み損を30万以上も
抱えてしまった。

以前、ナンピンしても利益が出るならいいではないかと謳ったが、
仕込み直後は大体が含み損となり、そこから運良く反発すれば
プラスに転じるという、いわば運頼りの方法だった。
9月は上か下か方向感が不安定だったので、たまたま反発が繰り返し
起こっていた為に利益となっていたのだろう。

ここで注目する点は、「仕込み直後は大体が含み損」という点である。
ナンピンする時は反転を狙うわけであるので、つまりは下がっている
トレンドの時に買っていたのである。その為、その直後はまだまだ
下げ続け含み損となっていたのである。

この時、素直に売りから入っていたらどうだろうか。
多くの場合はそのまま含み益となっていたと予想できる。
そして反転する前に利益確定していればリスクを負うことなく
プラスをゲットできるのではないだろうか。

やはり、デイトレードという短い時間の中で反転を狙って
ナンピンを繰り返すのは危険が大きい気がする。
資金があるならともかく、その内残り建玉がなくなって、
回転が利かず身動きが取れなくなるのである。

そしてロスカット、ロスカットと言っていても、いざそのラインに
達すると損失が大きくなっており、おいそれとロスカットできる
精神力がないのである。

中・長期でもない限り、そして厳格にロスカットが出来る人で
ない限りは、やはりナンピンは危険な手段ではなかろうか。
デイトレードという時間軸の中においては、本当にすべきことは、
ナンピンではなくロスカットであり、買い増しではなく利益確定なのだ。
故にナンピンを排除したルールを再検討する必要があると思われる。


★ランキングサイトに参加していまッス!
1日1回クリックお願いしまッス!!!
人気blogランキングへ



posted by とよ at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | メイン>マイルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今週末は本当に今後の事について、
いろいろ考えさせられます。

ただここまで来てもう後戻りはないので
週明けよりは何とかしてみたいと思っています。

何が悪いのか分かっているのに、
いざとなると実行できない。。。

そして窮地に陥り、更に負のスパイラルに陥って
訳が分からなくなっていく。。。
本当にオワってますがいい加減に脱出してみます。

一緒にがんばって行きましょう!
Posted by ikki08 at 2006年10月14日 18:03
ikki08 様>
株ってのは、悩んで苦しんで、そして考えて身についていくものなのでしょうかね。
起業した時も、最初は赤字なのでしょう。最初からうまくいくわけではありません。
でも苦しんだ今があるからこそ次への糧が得られるのだと思います。
私の考えがそのままikki08さんと一致するわけではありませんが、その時々の考えを全てブログには残しています。
共に悩み、共に考えて、そして共に成長していきましょう!!!
Posted by 管理人 とよ at 2006年10月15日 09:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25456227

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。