2006年09月24日

オーバーナイトさせるか?

時間軸としてはデイトレードを選択したわけであるが、
その場合だとその日で手仕舞いをし、決して次の日への
持ち越しは禁止すべきであろう。

しかし、ルールに遵守するのはいいが、その状況によっては
臨機応変に対応したい。

つまり、オーバーナイトしてもいい、いや、オーバーナイトさせる
べき時もあるのではなかろうかということである。

その状況として考えられるのは、ストップ高となった時である。
ストップ高といってもすぐさま崩れそうな弱いものは除いて、
買い注文が大量に上回っている場合は、次の日は大きく
GUすることが期待できる。

次に、テクニカルによって抽出した銘柄のチャートを見た時に、
上がりそうな状態であったのに本日は下げた場合、様子見の
意味でもポジションキープしておきたい場合がある。

もちろん、テクニカル上は上げるサインが出ているとはいえ
絶対ではないので、この2つ目のルールは誤りなのかもしれない。
しかし、ロスカットラインを決め、その範囲内であるのなら
反転を期待したオーバーナイトも許容することにしたい。


★ランキングサイトに参加していまッス!
1日1回クリックお願いしまッス!!!
人気blogランキングへ



posted by とよ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | メイン>マイルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24347751

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。